やがみあん雑記

それでも何とか生きている

つらみの根源ってなんだろう

www.adventar.org

さ~て今日は辛い人生アドベントカレンダーということでね、

もう無理。限界。
明るい雰囲気のブログを書くよう努めてたけど、いやまじでほんとキツイ。 ちょっとここらへんでギブアップ。

自分の何がつらい要素をもたらしているのか、今日ちょっと答えが出たので書いてみる。

自分で自分の頑張りを認められない

「頑張った」って指標が自分の中でなくて、だからいつまでも満足しない。
一見ポジティブ要素に見えますが、実はいつまでも「ここまでやれるはずだった」理想と「そんなにできなかった」現実のギャップに悩まされ、
自分には何も出来ないと思い込むのでネガティブです。

一応、頑張りを確認する方法はあります。
他人からの言葉です。
ですが、自分は大抵、他人の好意的な言葉を少なからず疑ってしまいます。
「気を使ってくれてるんだろうな」って。
最近はこの癖を治すように頑張っていますが、長年染み付いてしまったので中々取れません。

やたら疑り深い

前述の通り、人の言葉をめちゃくちゃ疑います。
こればっかりは昔何度も裏切られまくったり社交辞令を本気にしちゃったりしたおかげで本当に直らずじまいです。
ただ、最近周りにはいいひとばかりなことにやっと気がつけたので治そうと決心しました。

気分変調がひどい

数分前までご機嫌だったのに、一転して滅茶苦茶イライラしている。またはその逆。
これが毎日です。
周りも疲れるだろうし、あと自分も物凄く疲れる。

などなど

文章にしてみて思いついたのはこれくらいだけど多分もっとあります。
でも根っこにあるのは自己肯定感の欠如で、いつまでたっても自分の存在自体を許せないところにつらさがあるんだと思います。

明日からまた頑張って楽しい記事を書いていこうと思います。