やがみあん雑記

はろー。元気ですか

学生向けクラウドサービスのつかいかた ~Azure編~

はじめに

やがみあん(@yagamian_sobaya)です。mi10期生です。OGです。頼まれたのでICTアドベントカレンダー11日目に寄稿します。
最近親知らずを抜いてめっちゃ怖かった。

この記事の趣旨

学生時代、クラウドサービスについてムチムチの無知でした。AWSっていうのがあるんでしょ? 何できるかはうーんわからん。みたいな。
そんな感じだったんですけど、就職して仕事で使うようになりました。
はじめはな~んもわかんねって思ってたんですけど、いろいろやっていくとちょっとだけわかるようになりました。(内容ゼロの文章)

しかしまあ、学生がクラウドサービスを利用するのは一見ハードルが高そうです。

とある学生「クラウドサービスを触ってみよう! まずは登録だ!」
学生「ウッ、クレジットカードがなくて登録できない……😭😭😭」

とか、

とある学生「ICTのAWSで◯◯のサービス使ってなんかやってみよう」
M教授「高額請求が来てるぞ! おこ!」
学生「教授!! 違うんです!」

……なんてことが起きたら怖いですよね。(後者は無いと思うけど)
というわけで、今回は学生特権でAzureを使う方法と私が使ったことあるサービスをメインに紹介します。

なんでAzureなの?

業務で使ってるので……。他のサービスは自信持って何かを書けません。誰かが書いてくれるはず。たのんだ。

Azure for Studentsをつかおう

https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/students/azure.microsoft.com
学校のメールアドレスがあれば、多分Azure for Studentが使えるぞ。
これはまず、

  • クレジットカード不要
  • 無料枠を超過したときは、サービスが止まるだけ。

という料金支払いが発生しない安心安全な仕組みになっています。 使用できるサービスは、

  • Azure for Students StarterというWebアプリ&モバイルアプリ開発に役立ついくつかのサービスの無料プランが使えるサブスクリプション
  • 1年間使える$100(約1万円)分のクレジット

の2種類です。

https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/free-account-students-faq/
https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/students-starter-faq/

ドキュメントから推測して、「Azure for Studentsに登録したらAzure for Student Starterのサブスクリプションももらえるんじゃないか」という解釈をしたんですが、実際に使用できないので間違ってる部分があるかもしれません。使ってみた後輩諸君がいたら教えてくれると助かります。
次の章で上記2つの区分けについて説明します。

Azure for Students Starterで使用できるサービスについて

https://azure.microsoft.com/ja-jp/free/students-starter-faq/
Azure for Students StarterはいくつかのAzureサービスの無料プランを使える仕組みです。使用できるサービスは以下。

Azure App Service

WebアプリやREST APIをホストするのに使える。
使用できる言語は.Net系の他に JavaPythonやNode.jsなど。
極端な話、GitHub連携して自動デプロイを構築し、動くやつをpushすればサービスが動き出すため*1、構築の手間がかからないのが売り。

Azure Functions

サーバレスに、特定のトリガーで走るイベントを記述できる。
AWSのLambdaみたいなやつ。
私はWebhookにつないでSlackのbot作って遊んでました。

Notification Hubs

モバイルプッシュ通知を作成できる。使ったことねえな……。

MySQL database from MySQL in-app

これMySQL In Appのことなんかな(未使用なのでわからず)。
WebアプリにMySQLを組み込めるので、WordPressみたいなDB必要なサービスが動かせるよ。

Application Insights

作成したアプリケーションの監視が行えるよ。設定頑張ればアプリケーションのログも拾える。

Azure DevOps

Azureと連携できるコラボレーションツールです。チームの進捗管理ツールだと思ってくれれば。 タスク管理したりGit使えたりCI/CD構築できたり。

$100クレジットを使用してこんなサービスを使えるよ

おそらくAzure for Student Starterに含まれていないサービスを使用してみたくなったときに$100クレジットを使用することになるかと思います。
好きなLinuxVM建てて遊んだり、Azure for Student Starterで提供されているプランをアップグレードするのにも使えるはず。
手っ取り早くアイデアで遊べそうな面でオススメしたいのは、構築済みAIを利用できるCognitive Servicesですかね。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/azure.microsoft.com

機械学習の知識がなくても学習済みの画像認識、言語認識、音声認識などを使って試しながら自分のやりたいようにカスタマイズできるサービスです。
例えば

  • Custom Visionを使って愛すべき天才の飲み物†ドクター・ペッパー†とそうでない普通の飲み物を見分けるアプリとか
  • LUISを使って指定した場所の天気が取れるBotとか
  • Text to Speechを使ってLTのときのコメント読み上げアプリ作るとか

こちらをApp Serviceあたりと組み合わせると、サクッとアイデアを実現してアプリの公開ができるんじゃないでしょうか。実現不可能だったらゴメン。
今からやっても春のアプリ発表会(がまだあるのかわからないけど)に間に合うぞ。

注意点

  • 商用環境での利用だと判断されたら消されるぞ!
  • チーム開発でこのアカウント使うのはリスクが大きいのでなるべく個人使用しよう! 使いたかったら教授に相談……してください。
  • $100のクレジットは1年経過後に更新できるかわからないぞ!
  • MarketPlaceのサービスにはクレジットを適用できないぞ!

さいごに

学生ではないゆえ、実際に試すことが出来ず憶測が多くなってしまって申し訳ないです。
この先はぜひ君自身の目で確かみてみろ!

試してみた学生がいたら、この記事にツッコミをください。修正します。

翌日の記事はこちら

ucpr.hatenablog.com

*1:かなり端折って言いました

シンジュクギョエンのトリ

この記事はドイツのトリアドベントカレンダー1日目です。

adventar.org

出落ちです。

似てるトリの撮影に成功しました。以上です。

追記

思ったより反応いただけたので感謝のボツ写真を載せます

f:id:iorin_kyosama:20191104145556j:plain
ボツ1

f:id:iorin_kyosama:20191104145607j:plain
ボツ2

f:id:iorin_kyosama:20191104145647j:plain
ボツ3

あと素材も

f:id:iorin_kyosama:20191203225704p:plain
透過素材です

心療内科を受診してみたくなった新社会人へ

お久しぶりです

気がついたら社会人も2年目になってました。やがみあんです。
去年の今頃なにしてたかなって思い返したら、研修でアタリマエのことをやるのが非常にしんどくて心が死んでた時期だなって思い出しました。
そのとき、どうしていいかわからずに近くの人事に相談したら産業医面談後に心療内科を受診することができたので、現在は会社の一部でADHDだということをオープンにしつつ働いています。

iorin-kyosama.hatenablog.com

その時の状況を思い出しつつ、自分と同じように発達障害を疑い始めた新社会人の参考になればいいかなと思ってちょっと書きます。

産業医を頼る利点

まず私は、産業医経由で心療内科を受診しました。
産業医が知っている病院を紹介してくれるのは予想以上によいことでした。
優先的に診てもらえるかもしれないし、なにより自分で調べて評判を見て……というのがこの時期結構しんどかったので助かった。
ちなみに産業医だけ利用する場合は会社に産業医にとにかく相談したい、と伝えるだけでも使えるはず……。

病院に行きたいけどお金が……

自身の住んでいる市区町村にある自立支援医療を活用しましょう。「[住んでる市区町村] 自立支援」といったワードでググると大抵自分の住んでいる場所の情報が引っかかります。
平日に役所に行って申請書を取る→申請書を医師に書いてもらう→各種書類を揃えてまた市役所に行く……と、ちょっとめんどくさい上に一筋縄ではいかないので、足が重くなるかと思われます。
幸い私は一緒に住んでた祖父母の手助けもあったため、通院開始から3ヶ月後くらいに自立支援医療制度を適用できました。
ADHDの薬価はどうしても高いため非常に助かっています。

服薬ってどうなの

私の主観ですがあくまで補助です。
最初はコンサータを処方してもらっていましたが、副作用がキツく休薬日の土日でも全く動けなくなるなどの弊害が発生したため、
現在はストラテラを処方してもらい、週5くらいで服薬しています。
服用している間は、名前のつけられない思考でごちゃごちゃしていた頭がスッキリとして、その時に何をしなければいけないなどの判断が早くなった気がします。
ただし日中の眠気などはどうしても発生しました。
コンサータの時は逆に日中の眠気が全くなくなっていたけど、それもあって疲れやすかったのではないか。
ちなみに忘れ物やケアレスミスは多少減りましたがなくなりません。
薬が効いてやる気があるうちに、忘れ物やケアレスミスがなるべく発生しないような施策を考えて実行しておくのが最善かと思われます。
あとは薬を飲んでないとき(私の場合は土日祝など)、相対的にポンコツになります。
今までADHD的特性をどうやって誤魔化していたかが浮き彫りになるので、自分で気づいて修正していかなくてはきびしい。

オープンにしたほうがいいの?

わかりません、人それぞれとしか。
私は研修で憔悴しきっていた時期で、研修の半ばにあったアンケートで「マルチタスクとか段取りとかできなくてしんどい」って正直に書きました。
その後も産業医面談のあとに研修について相談したり、研修を抜けて病院に通院することもありました。
研修に携わっていた社員の人には、病院での診察結果などを伝えていました。
後々、診断書も提出しましたが、話を通しやすくするためには関係者にはオープンにしてもいいのかなと思いました。 研修終了後は配属された部署で、業務で密接に関わることになる上長やOJTの方などにはADHDであるということを話しました。
服薬や個人での気付きからADHDの対策を立てて行動していく中で、最近は特に伝えなくても不都合が発生しにくくなった気もしています。(私がちょっとどころではないポンコツ人間である、というイメージを社内で印象付けられてきた気がするので)

おわりに

主観的な記事ですので、万人に共通する事項ではないと思います。
それでも、誰かの参考になるかもしれない。

どうにかして普通の人にならなくてはいけないと今でも思っているやがみあんでした。おしまし

社会人1年目、今年買ってよかった本

年の瀬ですね。
今年は社会人になっててんやわんやしていた1年でした。
そんな1年の中で、「これは買っておいて本当に良かったなあ」という本を紹介します。

ノンデザイナーズ・デザインブック 第4版

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

このブログを読んでいる方にはおなじみだと思います。通称のでぶ。
第3版を買ったのが遠い昔ですね。

iorin-kyosama.hatenablog.com

余談ですが私はちゃんと昔のブログを消さずに残しているんですよね。
見返すわけではないんだけど、だから何書いたかあんまり覚えてない。

なんか第4版になってよりわかりやすくなったらしいので、買いました。
読んだ感想としては、確かに第3版を持っていた人が買っても非常に有用な本だと感じました。日本語のデザインについての記述がより強化されているのがありがたい。
あと、missing pagesが結構補完的な感じで読めて面白かった。

book.mynavi.jp

配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本

たまたま本屋で良さげなデザイン本あさってたら見つけたんですけど、ジャケ買いです。
モチーフごとに使用する色がちゃんとカラーコード付きで具体的に記されてて、ここでこういう色使ってもいいんだー!という気づきを与えてくれる本でした。
あと、なんか単純にパラパラめくるだけで楽しい本なので買って正解でしたね。

知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト

知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト 【改訂版】

知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト 【改訂版】

会社に入って、業務でソフトウェアのテストをすることになって、私は気が付きました。
「テスト全然わからないね!!!!!!!!!!!!!!困った!!!!!!!!!!」

思い返せば、今までICT委員会等の活動で作っていたものってとにかく「動けばいい、最悪見せられれば良い」、がほとんどだったんですよね(よくない)
いや、最初からそうだったわけじゃなくて、進捗管理がアレでそうなったというか(よくない)。
そんなこんなで、テストやってみたはいいものの全然うまく行かなくて、こりゃ概念がまずわかってねぇなと思ったので、適当にググって一番上に出てきた本をkindleでポチった次第であります。
概念がよくわかってないマンにやさしい本でした。
次で最後です。

幼稚園 2018年 10月号

www.shogakukan.co.jp

今年、やっぱり一番良かったなと思える本ですね。
いや、いきなりなんで幼児雑誌なのと思われる方もいるかと思いますが、
これ、付録が組み立て式のガシャポンなんですよ……。

すごい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

すごくない?

だって、 f:id:iorin_kyosama:20181230185108j:plain

これが部屋のインテリアになるんですよ……。
もはやイオンのガチャいっぱいあるゾーンも夢ではないです。
遊んでみました。

f:id:iorin_kyosama:20181230194847j:plain
いくぞ~

f:id:iorin_kyosama:20181230194836j:plain
わくわく

f:id:iorin_kyosama:20181230194823j:plain
??????????????

f:id:iorin_kyosama:20181230194809j:plain
シヴァだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

やってる最中めちゃくちゃ楽しいけどちょっと虚しくなりました。おしまい。

自分のことを知る、ということについて

ICT Advent Calendar 2018

この記事は沖縄高専ICT委員会アドベントカレンダー2018の12日目の記事です。

前日の記事はこちら

itok01.com

そして翌日の記事はこちらです

qiita.com

ご挨拶

みなさんこんにちは、はじめまして。
これを読んでいるのは2018/12/12以降のことだと思いますが、
書き始めたのは2018/11/19です。
遅筆ゆえに書き終えたのは12/14となりました。 投稿日時は魔法の力で12/12にしましま。
というかめっちゃ遅刻してすいません。破門モノですね。
では、よろしくおねがいします。

お前誰だよ

やがみあん@yagamian_sobayaと申します。
昨年度まで沖縄高専メディア情報工学科に在籍しており、現在は新宿近辺でエンジニアとして働いています。

ICT委員会で活動していたときはプロコンに4年間出場し、主にフロント部分のコーディングしてたりアプリのデザイン総括(テーマカラー決めてポスターパンフも作ったりみたいな)してたりしてました。

すごい頑張ってありきたり自己紹介書いたところで飽きた。

今回のお題

社会人になってみて、学生のときには絶対にできなかった「自分のことを知る」という出来事について書きたいと思います。

きっかけ

学生の頃の自分は、「ちょっと変なヤツ」でした。
でも高専にはそんな人ばかりだし、なんならICT委員会は個性豊かな集団ですからね。私は普通の人として隠れることができました。こそこそ
そんな私も就職しました。
就職して、研修を受けていました。
研修を受けるわけですが、そこで気づいたことがあります。
他の同期みたいにマルチタスクなどの研修をこなすことができない。
私には、普通の人にできるようなことが全然できないんだと。
やばいね。私、クソ野郎にもほどがあるよって感じでした。
そんな中、ひとつ思っていたことがありました。
学生時代から、自分がADHDではないかと疑っていたのです。
とは言え、病院に行ってみようにも親の理解を得られず、自分で行くためのお金もなく、また沖縄では診察できる病院が非常に少なく、あっても予約半年待ちがザラといったいくつかの問題から、私は病院に行くことを諦めていました。
ところが、まぁ状況が変わって、今なら行けるのではないかと思い、思い切って産業医に相談して病院を紹介してもらいました。

診察してきた

東京というものは非常に便利な場所でして、病院を紹介してもらってすぐに診察に行くことができました。
何回か診察に行き、CAADID等のツールを用いて検査した結果、不注意優勢のADHDでした。
そして後から別の検査でASDも併発していることが判明しました。
特に自身の不注意と集団適応力に関しては、自分の工夫だけじゃどうにもならないらしくて、なんか、ああそうかぁみたいな気分になりました。と同時に、もっと早く知りたかったとも思っています。

とりあえず今は

こうして、私は自分のことを知ることができました。
そして、いくつものできないことがあります。
症状を抑える薬を飲んでいますが、あくまで補助的なものでしかありません。
飲んだからと言って、できるようになるものではないのです。
時間感覚が欠如してる、何やってもケアレスミスする、作業中に他の作業始める、 何やってたか突然忘れる、人の話聞けてない、言葉の意味を取り違える、そもそも言葉が上手に聞き取れてない、今やってることしか見えない、他人の気持ちがわからない 0と1でしか物事を考えられない、集中が持たない、たまに集中すると周りが見えない、他にも色々できないことがあります。
程度の差だとか誰にでもあると言われることがありますが、その「程度の差」で相手を失望させたり、損益を生み出したり、怒られたりするのは自分なんだよなと思います。
私は、今の所こういった部分を生まれ持った特性のせいできていません。
結局わかってるくせに何もできない自分が悪いんだなあと思うことしかできていません。
ちゃらんぽらんじゃ生きていけないからちゃんと社会人するために全部直さなきゃいけないんだなと思うと、押し潰されそうになります。
まぁ、ちょっとずつやるしかないのでしょう。

おわりに

何というか、自分と同じように「ADHDかな?」と思っている方は結構いるんじゃないかと思いますが、そう思うのならすぐに診断を受けに行ったほうがいいです。
本当にそうなら自分のいくつかの部分をいい意味で開き直れるようになるので。
私はあまりにも自己肯定できなくてできなかったけど。

社会人になって一番実感したこと

この記事は、Kosen13s Advent Calendar 2018 6日目の記事です。

adventar.org

(ネタです)

社会人になって一番実感したことを書きます。

お金があるって素晴らしい!!!!!!

いや、いきなりなんだよって思われるかもしれないんでもう一回言いますね。

お金があるってほんとに素晴らしい!!!!!!
毎日お金がないことで悩む必要のない生活ってほんとうにほんとうに、素晴らしい……尊い……。

経緯

就職したら今まで生きてきた中で一番お金に困らなくなった。

もっと詳しく

就職と同時に上京したけど、母親の不安もあって東京の祖父母の家に身を置いている。
おかげで何かと助かりまくりの頭下げまくりである。ぶっちゃけチートもいいとこだと思う。
生活にかかるお金が一人暮らしよりずっと少ない。 月1でアフタヌーンティーしたり毎日会社の外にお昼ご飯探しに行っても(何を食べるか考えるのが毎日の楽しみになっている)、浮いた分を貯金に回せる余裕があるのでQoLは爆上がりした。
(問題は1時間半の通勤時間くらいで)

もっとくやしく

昔のTwitter見返したらかとお金ないお金ないってしょっちゅう言ってたみたいだ。
プロコンに行くための費用は自分でバイトして出してた。
バイトしたけどお金足りなくて合宿参加できない年もあったなぁ。
寮に残るために所得証明出したとき、親に見るなって言われた。こっそり覗いて泣いた。
高専2年の頃だったかなもうひとり兄弟が増えるかもと言われたときはこれ以上過程の財政圧迫させるとか学校に通えなくなるんじゃないかと思って半狂乱になった(結果としてそうなはらなかったが)

就職してやっと自分のお金ができて心療内科に通うことができてADHDASDだという診断された。もっと早く知りたかった、早く受けたかった。

とにかくお金の悩みが尽きなかったし、私はそれを改善する努力を怠っていたのでこれは高専生活してる間ずっとつきまとう悩みの1つだった。(# ゚Д゚)プンスコ!!

毎日なんとなく「あーお金ないな」と不安に思うことが非常にストレスになっていたことがよくわかってしまったギイイイイイイイイイイ٩(๑`^´๑)۶
お金の余裕は心の余裕だよチクショーナンナンダヨヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

おわり

はい。
新生活が始まったけど一つの物事について心が救われてよかったね、という話。
(あといくつか、心が救われてるなあと思うソレがあるけど)

……来年からの税金、考えたくないなあ。

沖縄から東京に来て痛感したこと

言うまでもなく地理的アドバンテージ。    

正直考えたくないけど、やっぱりどうしてもないことにはできない。  

この前の高専カンファ行ってさらに思い知ったことです。  

 

高専の寮生だったので、  

周りに何もなく、外に出るには寮を出て且つ自家用車を持ってないと詰む環境でした。

忙しくない休日は外に行くと交通費がアホみたいにかかるので引きこもったり、沖縄では破格の時給1000円のバイトをするために、寮からバイト先までだいたい3000円と2時間半くらいかけて移動してバイトしたり……  

いやマジ、経済的余裕がないと詰みます。  

5年間お金の悩み尽きなかった。  

……脱線しました。  

 

どうすればよいのかねーーー。  

いろいろ強い人は、勝手に自分で色んなところに出ていくよねーー。

運がいいと、金銭的余裕がなくても、援助がもらえる。  

 

強くなりたいけど運のない学生や方法を知らない学生をなんとかして救いたいなーうーん。  

 

いうだけ言って申し訳ないけど、今の自分に答えが出せない。  

アンサーブログを書くためにも、色んな人の意見聞きたい。  

今回はここまで。