読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やがみあん雑記

それでも何とか生きている

誕生日が来た話と大会に出た話

ICT ICT-イベントその他

いつも右上の「記事を書く」を見ながら、ああそうかブログって記事なんだなと思いつつ、今日も日記を書く。

誕生日が来た。19歳だ。子供でいられる最後の1年だ。
煙草は要らないけどお酒は飲めるようになりたい。だけど色々な責任が重くのしかかってくる大人になれる自身があるかと言われたら無い。
とりあえずこの1年を無駄にしないよう努めたい。
そして誕生日プレゼントをいつまでも待っている。
ほしいものリストはこちら。

それはそうと先日とあるピンク色した大会に出てきた。
詳しいことはりし委員長が書いてくれたので省く。
10riridk0.hatenablog.jp

とりあえず、終わったあとはなんかもう自分が自惚れてたのかなぁと思ってたんだけど、
るいことマテ茶の顔見たら違うことがわかった。
僕は彼と彼女が笑っている姿がこの目に映ると確信していたんだと。
見たかったんだよなぁ。だけどそこまで持っていくことができなかった。
結局いつも通り僕は自身の存在そのものが疫病神なんじゃないかと塞ぎ込みそうになるのであった。
わかってる。自分の働きが不十分だったことくらいよぉく分かっている。だから最初からいなかったほうがいいんじゃないかって。

……だけどまぁ、おいしいものたべてる幸せそうな顔を見ることが出来たので、それはそれでいいかと思っている。

僕はこれからも、こうなのだろうか。
自分の行動に否定しながら、何一つ満足できないままずっと過ごしていくのだろうか。
そう思った時、19歳という節目の年をどうするか、ちゃんと考えなきゃいけない気がした。
仮に、ものすごく完璧な仕事をこなしたとしても、僕はすぐに間違いを見つけてダメだったと言うのだろう。
自分のことを屑だと思いこんでるうちは、そうなのだろう。

いずれ、ちゃんと己の存在自体を肯定できるようになるのだろうか。

今日もらった「おめでとう」の言葉が、全て本物だと信じられるようになるのだろうか。

そんな心無いことを言う人がいるわけないと頭では理解しているけれど、その反面、どうしてこんな奴に言葉をかけてくれるのかがわからない。だから疑ってしまう。

18歳はしんどかった。
19際はどうなるんだろう。

怒涛の1ヶ月が始まる

雑記 雑記-日々綴

3月が始まった。
明日から県外飛ぶけど、一応その前にやらなきゃいけないことは終わらせたはず。

僕は基本的に、ツキ、波、流れの存在を信じている。
来ないときは潔く諦め、来たら絶対に離さないようしがみつく。

ついこのあいだまで、余りにもツキが巡り巡って来なかったので、
いい加減くたばっちまえよと思いもしたがようやく最近舞い戻ってきた傾向がある。
やったー。

てことで、いってきまーす。
(頑張って書こうとしたけど飽きたので諦めました。いえーいいえーい)

流行りに疎い私でも便乗できる唯一の流行

そう、インフルエンザ。
期末試験前の一週間をまるまる潰して療養しなければいけませんでした。
今日戻ってきたのですが早速試験勉強と課題に潰されています。
どうやら私が感染源になることは少なくとも周りではなかったのでそこだけが唯一の救いでした。
健康には気をつけよう!

結局ブログを書かずに年を越してしまった

あいさつ あいさつ-新年 雑記 雑記-日々綴

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

それはそうと毎年恒例の挨拶兼ぐだぐだ記事だよ。
年末に吐き出しきれなかったヤツを今開放するときなんだよ。

続きを読む

今年steamで買ったゲーム

ゲーム ゲーム-steam

今年は、いろいろ忙しかったこともあってセールもそんなに参加してないし遊んでないなって思った。

www.adventar.org
一日遅れてしまって申し訳ないです。というわけで15日目の記事です。

続きを読む

つらみの根源ってなんだろう

雑記 雑記-メンタル

www.adventar.org

さ~て今日は辛い人生アドベントカレンダーということでね、

もう無理。限界。
明るい雰囲気のブログを書くよう努めてたけど、いやまじでほんとキツイ。 ちょっとここらへんでギブアップ。

自分の何がつらい要素をもたらしているのか、今日ちょっと答えが出たので書いてみる。

自分で自分の頑張りを認められない

「頑張った」って指標が自分の中でなくて、だからいつまでも満足しない。
一見ポジティブ要素に見えますが、実はいつまでも「ここまでやれるはずだった」理想と「そんなにできなかった」現実のギャップに悩まされ、
自分には何も出来ないと思い込むのでネガティブです。

一応、頑張りを確認する方法はあります。
他人からの言葉です。
ですが、自分は大抵、他人の好意的な言葉を少なからず疑ってしまいます。
「気を使ってくれてるんだろうな」って。
最近はこの癖を治すように頑張っていますが、長年染み付いてしまったので中々取れません。

やたら疑り深い

前述の通り、人の言葉をめちゃくちゃ疑います。
こればっかりは昔何度も裏切られまくったり社交辞令を本気にしちゃったりしたおかげで本当に直らずじまいです。
ただ、最近周りにはいいひとばかりなことにやっと気がつけたので治そうと決心しました。

気分変調がひどい

数分前までご機嫌だったのに、一転して滅茶苦茶イライラしている。またはその逆。
これが毎日です。
周りも疲れるだろうし、あと自分も物凄く疲れる。

などなど

文章にしてみて思いついたのはこれくらいだけど多分もっとあります。
でも根っこにあるのは自己肯定感の欠如で、いつまでたっても自分の存在自体を許せないところにつらさがあるんだと思います。

明日からまた頑張って楽しい記事を書いていこうと思います。

高専の立地事情を知りたい

高専

www.adventar.org
13日目の記事です。2かいめ。

昨日の記事はこちら

新人教育についての悩みの話 - ぱくとまのブログ

かくいう自分も新人教育をほったらかしにしてきた身なので色々思うところがある。

さて、高専に入学して4年。相変わらず生活は不便だ。

高専っていうのは、まぁ大体田舎に建てられているらしい。
でも田舎と言っても色々な種類があるはずだ。

うちの高専はドのつく田舎だ。
山の上に建っていて、景色を見渡せば立派な水平線が広がっている。

校舎の裏にはヘリポートがあって、よくヘリが飛び立ってるし
グラウンドの後ろの山は演習場で、たまに煙が上がってる。
周りにある商業施設は、コンビニとコンビニ。おわり。
あとは個人経営の飲食店がいくつか。

さて、これを田舎と呼ばずして何と呼ぶ?

そんなことを考えながら思ったことがある。

果たして、他の高専もこうなのだろうか????????????

めっちゃ知りたい。他の高専の周辺事情を。

なーのーでー、

#全国高専立地自慢大会

とかタグつけてTwitterで自分の高専の立地自慢をしてほしい。
そしたらこのブログに勝手に追加するから。

なんか、2回目だから丸投げっぽい記事になってしまったが
めっちゃくっちゃ見たいのでタグ参加してくれる人がいるといいなぁ……。