やがみあん雑記

それでも何とか生きている

体調を崩しました

いきなりこんな文章から始まるのも何ですが、その通りなんです。
あまりにも突然でびっくりしたし怖かったので気持ちの整理も込めて書かせて下さい。

事の発端は一昨日の夜、その日はちょっと外出してて、帰ったら妙に眠たかったです。でもご飯食べておふろ入って歯を磨いたりしたら、眠気がさめて、結局11時半位まで起きていたのです。
いざベッドに入ったところ、どうにも調子がおかしい。

なんか、胸部が痛い。息苦しい。
ていうか、寝ようとしたらなんか呼吸できてない!?
ちょっと待って、あーこれなんか知ってる。過呼吸だ。
確か2年前にも苦しいのがあって、それから小さいのは結構起こってたんだよなぁ。じゃあ様子を見ておこう。少し経てば収まるだろう。
……駄目だ、全然収まらない。ていうか苦しい。

もう無理だと悟った私は、部屋を飛び出し、運良く明かりの灯っていた隣人の部屋へ駆け込みました。
「たすけてください……(›´ω`‹ )」
隣人はびっくりしながらも私を寮事務のある場所まで一緒に行ってくれました。
下についたら、警備員さんと事務の人と宿直の先生が来てくれました。
病院まで行くかと言われましたが、以前同案件で夜間の病院に行ったのですが、診断結果はなんともないと言われて帰ってきたので今回は「大丈夫です。ちょっとここで落ち着くまで待ちます」と断りました。
それで結局隣人は途中でお部屋に帰して(ありがとうございました)、私はしばらく落ち着くまで待ちました。
この時、マジで顔色悪かったそうな。

しばらくしたらちょっと落ち着いたので、部屋に帰りました。
で、明日から学校だと思って寝ようとする。
すると、また苦しい。
治ったはずなのに、やっぱり苦しい。
慌ててまた事務に駆け込みました。とりあえずまた落ち着くまでそこにいさせてもらいました。
そんでもってまた部屋に戻るんですよ。リラックスして寝ようと思うんですよ。出来ないんですよ。
もう本当に苦しくて(ただの過呼吸だろうに大げさですが)、また同じ場所に行きました。結局4時近くまでそこにいました。
その頃には眠気もかなり来てて、でも寝ようとすると息が苦しくて起きてしまって、それを何回か繰り返していました。

そのあと部屋に戻ったら、気絶するように寝たんだと思います。 あとは点呼で起こされて、起きて実感しました。
「あ、今日無理だな……」 流れるように寮事務へ今日の授業を欠席することを伝えました。居合わせたのが昨日お世話になった宿直の先生でしたので、事情を伝える手間が省けて助かりました。

その日は結局部屋で大人しくしてました。
夜頃になると体調もだいぶ戻ってきて、ほっとしました。

今日はとりあえず学校に行ける程度には無事でした。
あと授業中眠くなった時に、ちょっと船を漕いでしまったことは、
普段ならダメなのですが、今回ばかりはちょっと安心しました。

本当にいろいろな人に迷惑をかけてしまったなぁと実感します。
今回ばかりは自分でも原因が分からなくて、ストレスだろうと言われても自分ではストレス管理もしてるつもりだったので、本当にわからないしもしかしたら身体の何処かがおかしいのかもしれない。
いろいろな人に相談したんですけど、母親からは深く考えすぎないほうがいい、身体でも動かしたらどう? と言われ、周りの人(深夜にお世話になった警備員さんや事務の方、保健室の方やきょーじゅやら)からは、一度診てもらったほうが良いのでは、とアドバイスを貰いました。参考にします……。

正直なところ、今もあまり快調とは言えません……。
まだ息苦しさがあったり、胸部の痛みがいつもより多いので、ちょっとつらいです(›´ω`‹ )。
考え過ぎは良くないというのはわかるのですが、安心する方法も知らないので誰か教えて欲しいです。

あんまりこういうことは書かないようにしているのですが、今日は言わせて下さい……。
あと早いうちに体調治したいです……ほんと……すいません……。