やがみあん雑記

それでも何とか生きている

1年を振り返るつもりが超絶暗くなった

この記事はICT Advent Calendar 2015の12日目の記事でございます。
 
前日はあらゆる人を魅了する超絶イケメン低音ボイスが自慢のマテ茶君によるブログでしたね。

いやはや、素晴らしいブログでした。前座などとんでもない。大本命でございます。

さて私も稚拙ながらも文章を公開させていただきます。

 
最初に、私はICT委員会が本当に好きなんです。
それだけは何の疑いようもなく、またこれから変わることもない気持ちであると信じております。
 
3-5や研究室でわいわいと話したり開発したりする時間が好きです。
わからないことがあったら聞けばいいし、新しいことをたくさん吸収することができます。
それだけではございません。
その時間だけは、私が誰にも虐げられず蔑まれずまたつらい思いや悲しい思いをしても誰かが気分を和らげてくださいます。
とても居心地がよく落ち着くので、依存しています。
私の唯一つの居場所です。
 
先輩方は私の憧れで、同時にとても羨ましい存在です。
とても仲が良くて、本当に羨ましい限りです。
私達のように、バラバラではございませんから。
こんなことを私が言うのも何ですけれど、今年は本当に実感しました。
ええ自分も含めて。本当に、バラバラなんですよ。
主張を頑なに通そうとしたり、逆にひとに興味を失い投げやりにされたり。
いや、私がむしろ、心の何処かで皆様方を神格化していたのかもしれません。
お互いの連携ってやっぱり表面上だけではどうにもならないんだなって思いました。
他人との相性色々あるけど、色々ひっくるめてそろそろ大人にならなきゃいけないのかもしれませんねぇ。
こんな姿を見せていて後輩に申し訳なかったです。自分のことを先輩と呼ばせる資格など私にはこれっぽっちもありません。
 
/*
ここから少し個人的な話かつ誠に勝手な願いですが、私はとある人物にICT10期の潤滑油を果たすことを期待しています。
彼はおそらくICT同期でコミュニケーション能力と常識度のバランスが取れた中立的なものの見方ができる人間だとひとりでに思っています。
*/
 
……それにしても、何故こんな話になったのでしょうか。
どうやら私の身体は些細なストレスでさえめっきり弱くなってしまったようで、なんとかそれを解決しようと試みた所存です。
今年に入って何度謎の体調不良に遭ったのでしょうか。
ずっと甘えだと言い聞かせていたのですが、誰かが違うと言ってくれたおかげで糸がぷつんと切れました。
少しだけ認めることが出来たのですが、やはりそれが甘えだというのならご指摘ください。
 
数日前に彼女は健康が大切だと書きました。その通りでございます。
しかし健康というのは決して身体の事だけではありませぬ。
こころ、精神の健康というものも非常に重要であると思う今日のこの頃です。
尤も、私は最近辛い苦しいと大っぴらにしすぎではないかと思いますが。
 
自分がどう成長したか、そんな1年の振り返りをを書けなかったけど、また別に書くのでしょうか。
人にも沢山迷惑をかけて、力不足と気づき不足で至らない一年の結果が、今の私でございます。
来年は反省を活かしてまた成長したいですね。技術も精神的にも。
あまり意識の高いことを言えませんが、居場所がほしいのでしばらく冬籠りの修行です。
それから今年一番学んだことは「甘い見積もりは破滅を招く」でございます。
もう二度と演劇の上演時間は信用しません。夜中の地図も使い物になりません。
 
明日はICT委員会12期生、夜空に瞬く流星のように颯爽と現れた今をときめくスーパールーキーくろこじ君です。
きっと私以上に素晴らしく、感動的で、タメになる記事を書いてくださることでしょう。皆様、乞うご期待。