やがみあん雑記

それでも何とか生きている

こういう話を書くのは実は初めてだったりする

なんだか本当に1か月に1回更新になってるような今日のこの頃。

 

高専生活の初めての春休みに浮かれまくり気がつけばそろそろ半分じゃないか!!

 

なんだよこれウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

 

 

とかやってもいられないので今回は春休み以前から取り掛かっていて春休みの課題(?)でもある「アプリ開発」の話。

 

正直この1年を何とか生き延びたような自分に一本開発なんてできるのだろうか……。

そんな思いを抱きつつ、今回は自分の好きなジャンルである「ノベルゲーム*1を制作してみようと思いました。

 

しかし完成させられる自信は無い。そこでLE-O先輩の力をお借りしつつ(と、言いながらものすごーく頼っている)、

やぁぁぁってやるぜ!!(CV:矢尾一樹)

 

今現在、LE-O先輩から魔法のようなプログラムを授かったおかげで大分形を整えることが出来ました。で肝心のゲームの中身に取りかかろうということに。

 

スタンダードに画像や音楽ファイルとスクリプトを用意して勝手にそれを読み込んでくれるような感じで作ろうと思いました。

今現在いろいろ調べつつ模索中……(´ε`;)

 

で、そんな事を考えているうちに、今自分が作ろうとしているのは「ノベルゲーム」じゃなくて「最低スクリプトさえあればノベルゲームに仕立ててくれるプログラム」なんじゃないか……? と思えてきた。でもそれでいいような気がしてきた。

 

 

だってシナリオ一本これから書けるの?

 

うーん、だれかネタ提供してくれないかなー(チラッチラッ)

 

落ちは無いです。之にて終了。

 

 

 

*1:かまいたちの夜とか、これを書きながら428やりかけだったことを思い出した。